未分類

外国人を道案内しよう!〜道案内の英語フレーズ集〜

外国人を道案内したいけど、なんて声をかけたらいいんだろう、、?
そんな声をよく耳にします。
そこで、今回は過去に1万人以上の外国人旅行者を道案内してきたJLBが、”これだけ覚えれば道案内は大丈夫!”という英語フレーズをご紹介します!
英語の勉強はやり始めるといろいろと手を伸ばしたくなりますが、まずはここにある約25個のフレーズだけを覚えてみてください。
英語が苦手な方でも覚えられるように、できるだけ3語以内で覚えやすいものを選びました。
ここにあるものを覚えるだけでも、道案内で困ることはほとんどなくなります。
①道案内の英語、②道案内で役立つ英語、③道案内中の英会話の3つの項目に分けて、紹介していきます。
また、英語フレーズを覚える上で必ずやって欲しいことがあります。
それは音読をするということです。音読をすると、英語の伸びが全く違います。中高生であんなに英語を勉強したのに今英語がすぐに出てこないのは音読をしていなかったからと言っても過言ではありません。
ぜひ以下のフレーズをすぐに出てくるようになるまで、ひたすら音読してみてくださいね。
それは一つ一つみていきましょう!

①道案内の英語

 


まずは道案内で使うフレーズをご紹介します。
馴染みのあるフレーズばかりだと思いますが、いざ外国人を案内するときになると意外と出てこなくなるので、必ず全て日本語だけ見て言えるようになるまで、ひたすら音読してください。

お困りですか?
Need some help?

(地図を指差しながら)あなたはここにいます
You are here. 

ここは…です
This is…

こちらの方向です
Go this way.

まっすぐ進んでください
Go straight. 

右に曲がって下さい/左に曲がって下さい
Turn right. / Turn left. 

この道を渡ってください
Cross this street. 

右です/左です
On your right. / On your left.

〜の隣
Next to~

〜の前
In front of~

徒歩10分です
10 minutes’ walk. 

 

②道案内で役立つ英語

さて、ここでは直接道案内の英語表現ではないけれど、道案内をするときに役立つフレーズをご紹介します。こちらも知っているものばかりだと思いますが、すぐに出てくることが大切なので、何度も音読して自然に出てくるようにしておいてくださいね。

ありがとうございます
Thank you. 

どういたしまして
You’re welcome. 

わかりました
OK. 

そうです
Right. 

もう一度おっしゃって頂けますか?
Sorry? 

もちろんです
Sure. 

ゆっくり話して下さい
Speak slowly, please.

旅を楽しんでくださいね!
Have a nice trip!

 

③道案内中の英会話

ここからは応用編をご紹介します。
もし外国人をその場で道案内するだけでは物足りずもっと交流したいと思ったら、目的地まで連れて行ってあげてください。そうすると道案内の英語だけでなく、様々な会話ができるようになります。
英語が話せないと無言で気まずい感じになってしまいますが、以下のフレーズを覚えておけばかなり会話が続きますよ。
変に難しいフレーズを使うと難しい答えが返ってきてわからなくなってしますので、難しい答えは返ってこないけど、盛り上がる質問を厳選しました。
ぜひこれも覚えて、外国人を道案内している間に使ってみてくださいね。

〜は好きですか?
Do you like ~?  

日本はどうですか?
How do you like Japan? 

日本でどんなところに行かれましたか?
Where have you been in Japan? 

どれくらい滞在される予定ですか?
How long will you be here? 

日本にいらしたのは初めてですか?
Is it your first time to visit Japan? 

さて、道案内で役立つ英語フレーズを見てきましたが、いかがだったでしょうか?
「こんなの簡単すぎるよ」という声が聞こえてきそうですが、今フレーズ集の日本語だけを見て、全て英語がスラスラっと出てきますか?意外と出てこないのではないでしょうか。
多くの人はいざ外国人を案内するときになると焦って出てこなくなるんですよね。
なので、無意識レベルで出てくるようになるまで、ひたすら音読してください!
しつこいですが、音読にそれだけの効果があるのです。
そして、明日、いや今日から困っていそうな外国人に声をかけてみてください。
道案内から家族の様な存在や親友ができることもあるんです。
ぜひ道案内から世界を広げてくださいね!