留学のリアルな話

どうする?留学中の日本人との関わり方

  • LINEで送る

留学するにあたって、「他の日本人留学生とどうつき合っていくか」というのは、留学をする人にとって大きな悩みの一つだと思います。「英語の勉強のために来たのだから、日本人とは関わらない」という強い意志を持っている方もいます。僕にもその気持ちはよくわかるし、英語力という観点から見ればそれが良いことは間違いありません。

しかし、僕はそれを理解した上で、あえて他の日本人ともつき合っていくことをお勧めしたいと思います。僕が他の日本人と付き合うことを勧めるのには、2つの大きな理由があります。

 

困ったときは、やはり日本人


2713621d58b96c93307555683afb69ab_s

日本での生活と違い、トラブルが多い海外での生活。想像以上に危険な目に遭うこともあります。

詳細は省きますが、僕は海外留学中に救急車で運ばれたことがあります。意識が朦朧とし、日本語と英語の区別もつかない危険な状態でした。

そんな時、僕を助けてくれたのは日本人の人々でした。多くの外国人の友人達も力になってくれましたが、日本人のことを一番理解できるのはやはり日本人です。言葉は100%理解してくれますし、気持ちもすぐに理解してくれます。

これは日本人に限らず、同じ国の人どうしがお互いの気持ちを理解しやすいのは当然のことです。語学学校やエージェントのサポートもありますが、本当に頼りになるのはやはり友人や知り合いです。

トラブルだけでなく、ストレスも多いのが海外での生活です。時には日本人の友人と思いっきり話すことで、ストレスを発散するのもありだと思います。甘い考えと言われるかもしれませんが、人間強い人ばかりではありません。ストレスを貯めすぎて体調が悪くなるくらいなら、時には思いっきり日本語を話すことは悪いことではないと思うのです。トラブルやストレスを抱えた時に、日本人の友人の大きさを知るものなんです。

 

日本中から来た人々と出会える留学

d16dc3d25a31fe585d1e53e2c122c4f8_s

 

海外留学の魅力は世界中から異なるバックグラウンドを持った人が集まる点です。僕はもう一つ大きな魅力があると思っていて、それは日本中から立場や年齢の異なった人が集まってくるということです。

普段、僕たちが日本に住んでいる時に付き合っている人たちは、住んでいる場所が近かったり、同じ学校であったりと同じコミュニティーの人がほとんどです。

「大学や会社にも日本中から人が集まってくる」という声をよく耳にしますが、東京の大学であればどうしても関東出身者が多いですし、ほとんどが同世代です。

僕は海外で多くの日本人の友人ができましたが、彼らと話していると面白い発見がたくさんあります。同じ日本人でも生まれた地域によって言葉や考え方、習慣が違うことが想像以上にあるのです。面白いことに日本にいた時よりも、海外にいる時の方が日本のことを学ぶ機会が多いのです。

また、世代の異なる人と同じ教室で学べるというのも、海外留学の魅力です。10代のクラスメイトもいれば、80代のクラスメイトがいることもあります。特に仕事を辞めて留学しに来た人との交流は学ぶことがたくさんあります。仕事を辞めて海外に学びに来るというのは、日本の社会では”普通のこと”ではありません。つまり、そういう人たちは本気で学びたいと思って留学しに来ている人が多いのです。大人になっても学ぶ姿勢を忘れていない。そういう姿勢を見るだけでも刺激になりますし、話をしたり一緒に遊ぶことで学ぶことも多いのです。

 

「マイルール」を作り、日本人ともうまく付き合う


61826_153264518030142_5779137_n

 

そうは言っても「英語の勉強をしに来たのだから、日本語は使いたくない」という人が多いと思います。

僕が以前住んでいたバンクーバーは、外を歩けば必ずと言っていいほど日本語が聞こえてくる環境でしたので、僕も悩みに悩みました。日本人とは付き合いたい。でも日本語は使いたくない。

では、どうしたらいいのだろう。

答えは一つしかないことに気がつきました。

「ENGLISH ONLY」というルールを自分自身に課し、日本人相手でも英語で話すということを固く決めたのです。そして、そのことを皆に伝えるため、フェイスブックに書き込みました。

 

42

 

ここで大事なのは、「これは私のチャレンジ!」ということを堂々と伝えることです。自分の中だけで決めても、周りは日本語で話しかけてくるのでくじけます。

しかし、堂々と公言すると「面白い挑戦をしている」と思ってもらえ、応援してもらいやすくなります。実際に僕がこの挑戦を始めた時、予想以上に周りに人たちが協力してくれ、英語で話しかけてくれました。それどころか周りの友人達に「日本語は使わない」と言ってしまっているので、僕が本当に日本語を使わないかを常に見張ってくれ、必然的に日本語が使えない環境になりました(笑)。公に宣言することで、そうした強制力が働くのも良い点です。

さらに面白いことに、「ENGLISH ONLY ルール」は周りにも広がっていきました。よく考えればわかることですが、周りの留学生たちも英語の勉強のために海外へ来ています。「他の日本人にどう思われるだろう」などが不安になって一番最初に始めるのが難しいと考えているだけで、誰かがやるなら一緒にやりたいと思っている人はたくさんいるのです。少し勇気を出して”一人目”になることで、周りの人に感謝されることすらあります。始めた時はかなり意志を強く持たないと難しいですが、一週間もすれば慣れてきて日本語を使うことに罪悪感すら感じるようになります。

結局この「ENGLISH ONLY」は数カ月以上続きましたが、英語力はかなり伸びたように感じます。

 

 

「他の日本人留学生と付き合うべき理由」をいろいろと述べてきましたが、僕は日本人とずっと一緒にいた方が良いと言っているわけではありません。むしろ、留学中は積極的に外国人の友人もたくさんつくるべきだと思います。

「外国人の友人をたくさんつくり、日本人留学生ともうまく付き合っていく」

そこに留学生活を充実させる鍵が眠っていると思うのです。

 

留学相談受付中!

留学に関する相談を無料で受け付けています。どんな些細なことでも構いません。
どうぞお気軽にご相談ください!
  • LINEで送る