IT業界から転職した渋谷ガイド統括にインタビュー

堤 祐治

○○○○年○○生まれ。ここに簡単な経歴が入りますここに簡単な経歴が入ります。ここに簡単な経歴が入りますここに簡単な経歴が入ります。ここに簡単な経歴が入りますここに簡単な経歴が入ります。ここに簡単な経歴が入りますここに簡単な経歴が入ります。ここに簡単な経歴が入りますここに簡単な経歴が入ります。ここに簡単な経歴が入りますここに簡単な経歴が入ります。

JLBとの出会い・転職

Zoo)こうして改めて話すのって、なんだかドキドキしますね(笑)
JLBに参加しようと思ったキッカケってどんな感じでした?

阪口)JLBに出会ったのは大学三年生の時で、最初は峻太さん(JLB代表 大森)と同じ大学の出身だってことを知らなかったんですけど、たまたま学区内で会ったイベントに参加したとき、講師として峻太さんが登壇していて、そこで初めて峻太さんと会いました。

その時に色々JLBについて質問して、この時がカナダ留学の長期留学の前だったのですが、カナダから帰ってきても絶対英語を使う場がないなと思って、JLBに参加してここで英語を使いたいと思い、カナダ留学から帰国後にJLBへ参加しました。

Zoo)そうだったんですね。その辺のことは全然知りませんでした...。
ジェイノベーションズ(JLB運営会社)へは転職してのジョインだと思いますが、その動機はなんですか?

阪口)カナダ留学帰国後なので、大学4年生でJLBに入って自分自身が参加して楽しいとゆう面もあったけど、もっといろんな人巻き込んで、私の知らない人や、これから留学行く人、帰ってきた人、私と同じような状況の人たちも巻き込んでやってみたいなと思ったこと。

あと、前職が入社して一年くらい経った時に、自分の人生プランを毎回考えていて、その時に自分の夢に近づくためにこの会社でいいのかなと改めて考えたときに、やっぱりちょっと別のところにいってもう一度勉強したいなと思った部分があったので、転職しようと思い、そこでちょうど峻太さんからも、声をもらっていたのでJLBに入社したいと思って入社しました。

Zoo)以前はどんな仕事をしていたんですか?

阪口)東京で自社メディアを応援するIT会社で働いていました。自社で比較サイトを運営してて、そこでひとつ比較サイトを持たせてもらっていたのでそこの営業と、マーケの位置で働いていました。

Zoo)なるほど、全く違う業界というか仕事の転職だったんですね。
ちょっと飛んだ話になりますが、夢とか将来の目標についてはどんなこと考えているんですか?

阪口)まだ具体的にコレをやりたいっていうのはないんですけど、今すでに叶ってる英語を使いたい仕事と、どの世界でも生きていけるような人材というところで、海外で働くとか、私芸術が好きなのでそこを使ったビジネスをやるってゆうことが私の夢のひとつでもあるかな。なので、この会社に入って少しずつ近づいてるって実感している部分もあります。

英語が話せると私たちの世界はもっと広がる

Zoo)話を聞いていると「英語を使って仕事をする」というところにこだわりを感じました。
阪口さんの思う英語とはどういったもので、どうしてそこまで英語を使うことにこだわるんですか?

阪口)留学した時に、英語って一個の言語ツールだなと感じたけど、やっぱり知っているのと知らないのでは知っていたほうが話は広がるし、いろんな人とのつながりも広がるところで、私はもともと日本人だから最初は日本語しか話なせなかったけど、いろんな言語を使った仕事はひとつにとらわれないってゆうのがあると思います。まず、手っ取り早く自分が好きな英語を使った仕事ってゆうのは私にとって結構重要です。

Zoo)英語を使うと働き方が広がるということですかね。
英語は阪口さんの働き方や阪口さん含めた多くの人々の働き方を、どのように豊かにすると思いますか?

阪口)私にとって働くとか生活することは、一つじゃなくていいと思っています。日本だけじゃなくてもいいとか世界にいても働けるってゆうところを思うと、主観的かもしれないけど、私が英語を使って仕事することで海外のビジネスについて学ばなきゃいけないし、それもさらに勉強になるしそれを使って、事業をするってことは日本で会社をやっていることに対して新しいものを生み出せる可能性が広がるかなと思います。

Zoo)国際交流をメインでいろいろ企画したり提供したりしていると思います。
国際交流そのものに関してふみのさんはどう思っていますか?

阪口)国際交流に関しての想いはもう一つで、「楽しむ!」ことです。

運営としても参加者としても。この会社に入ってまず感じることは、私にとってもJLBが楽しいってこと。外国人と日本人の間という立ち位置で、国際交流に興味がある人とか、海外・英語に興味がある人とかがどうしたら楽しめるのか、JLBの会員がどんなコンテンツを望んでるいのかなと日々考えています。そして私自身も楽しむことができています。

Zoo)わかります。やっぱり提供者というか、運営や企画サイドが自分たちの手掛ける事業を楽しんだり好きでいたりしないと、なかなかいいものにはなっていかないですよね。

阪口さんがイメージするJLBのこれから

Zoo)阪口さんからはJLBに対する愛情を感じたのですが、これからのJLBでどんなことを実現しようと考えていますか?
また、もしあれば大切にしているモットーなどがあれば教えてください。

阪口)2つあって、1つは「形にとらわれないこと」をしたいと考えています。最近始めたJLBオンラインカフェにも繋がることで、基本的に日本人同士で英語を話しているとか、「外国人がいないと英会話って成り立たないでしょ」って思われる部分もあるけど、「英語を話したい」という思いで、英語を勉強している同士が話しても楽しいじゃないかと思っています。

外国人がいたらいたでそれに越したことはないと思うし、そのほうが実践的だと思います。でも、そうじゃなくてもいい新しいやり方をこのJLBで実践して、それが会員さんにもマッチして、「楽しい!」って言われたらいいなと思います。

2つめは夢にも繋がることで、世界でも運用していきたい。具体的にはうまく言えないけど、日本以外の世界のどこかでもJLBがあって、そこでも同じように国際交流などがされていて、私もそこに何か携わっているとことができたらいいなって思っています。

好きな言葉ですが【セレンディピティ】という言葉があります。
幸せを勝ち取るためのプロセスという意味です。幸せを勝ち取りたいけど、勝ち取れないプロセスを楽しむこと、充実させることによって幸せって自然に勝ち取れるよねってことですね。

この記事のライター
Zoo

前回はガイド事業の統括をするふみのさんにインタビューをしました。今回は引き続き社内スタッフへのインタビューで、関西ガイド事業部の他、YouTube動画の編集を担当している堤祐治さんへインタビューしました。どのような経緯でジョインしたのか、またどんな職歴だったのかなど、実はよく知らないまま一緒に仕事をしていたので、インタビューを通して知れてよかったです。

SNSで情報配信中です!フォローお願いしますm(_ _)m

LINEオフィシャル開始しました!お気軽にお問い合わせください^^

友だち追加