外国人を道案内|JLB体験談

外国人を道案内|JLB体験談

2019年9月19日 体験談 0

JLB体験談のコーナー

こんちには!JLB運営事務局のずーです。
このコーナーでは、ずーが直接よく参加してくださる常連さん達にインタビューをして、JLBについて聞いていくコーナーです!ヤラセは一切なしなので(笑)、悪いこともバンバン書いていこうと思います(>_<)笑
さて、今回お話を聞いたのは関西の活動に参加してくれている駒崎さんです!3年前から参加してくれていて、実は今は運営事務局としても活動してくれています。

参加者のプロフィール

立命館大学4年生。国際関係学専攻。大学2年夏から3年夏にかけてイギリスのリーズ大学に留学。JLBへは初参加から3年が経ち、現在は運営事務局の一員として、国際交流を盛り上げています。

それでは、基本的な質問がメインとなりますが、あっこさんとJLBとの出会いから現在に到るまで、どんな物語があったのかを聞いていきたいと思います。

JLBを知ったキッカケはなんですか?

Facebookのイベントページを自分で見つけたのが最初です。関西で国際交流できる場所を探していたんです。もともとは、数年前から友達が先にJLBのことを知っていて、私が熊本から関西に引っ越してくる際に教えてもらったのが初まりですね!

お友達も知ってくれていて嬉しいです!数年間、遊びに来てくれているということになると思いますが、そんな継続的に来れたのは何故なのでしょうか?

私は主に街頭ボランティアであるバディーズという活動に参加しているのですが、お金をかけずに国際交流できるのは大きいです。あと、国際交流がメインではあるものの、JLB内でのコミュニティというか、同じような興味を持つ日本人の人たちとも友達になれて、海外のことや就職のことなど、たくさんの情報に触れられってのもありました。JLBはホステルにて国際交流イベントも開催していて、そこでは外国人と仲良くなればなるほど、プライベートでも国際的な友達ができる。まぁ学生なのでお金をかけずに楽しめるってのは本当に有り難いです^^;

ここまでずっと継続してきたJLBですが、何か思い出のような瞬間というか、体験はありますか?

思い出かぁー。うーん。。

頭に思い浮かんだのは、ランチにご案内したスペイン人の方と一緒にランチをしたことですね。ランチをした後、バディーズをやっていたJLBのみんなで、さらにその人と一緒にカフェ巡りをしたんです。その日はずっと一緒にいましたね(笑)

単に道案内やオススメをするだけじゃなくて、一緒に楽しみながら、外国人にも日本の文化などを喜んでもらえるのって良いなって思った出来事です。

嬉しいことばかり聞かせてもらっていますが、JLBのここはもっとよくできそう!みたいなことはありますか?

正直にいうと、バディーズは時間帯や時期によって観光客の数に差があり、参加者があまりガイドできないこともありますよね。そういうときは楽しくないってのが本音です。やっぱり、せっかく来たのに海外の方々と国際交流できないのは課題だなって感じています。

 

正直にありがとうございます...。そうなんです、バディーズはシーズンによって外国人と交流できる数に差が出てきてしまいます。

なので、運営としては毎日のように「どうしたらもっと交流を増やせるんだろう」って考えて新しい企画をやってみたりしているのですが、なかなか簡単には解決に至らず。。

アイデアなど募集中ですので、みなさんお気軽にご連絡頂けますと幸いです(><)

 

JLBに参加してきて、今の生活で役立っていることはありますか?

私はイギリスに1年間留学していたのですが、JLBには留学の前と後でそれぞれ参加しています。

留学前後の両方行ってるから確実にわかることでもありますが、英語力をコミュニケーションの中でさらにレベルアップさせたり、外国人と気兼ねなく交流できる心構えの維持という意味では、今の生活の中で役に立っています。あ、てか生活の中で役に立っているというか、JLBにきてるから余計そう感じるのかもしれません(笑)

将来的には、「海外で長期的に生活する」ってことを経験したいと思っていて、そのための準備、英語力維持として参加できたらいいなって思ってます。

 

JLBは登録者がどんどん増えているのですが、まだ活動に一度も参加していない人もいます。何かメッセージのようなものをお願いします!

たぶん、一人で参加するってことに、多少なりとも億劫になってる人もいるんじゃないかなー。

私も1人での初参加だったけど、それでも思ってたよりも楽しかったです。実は、今では関西の運営事務局の一員として関わっています。

国際交流への思いを行動に移すことで、今よりも状況が良くなることもたくさんあると思います!なので、少しでも国際交流に興味があるなら、とりあえず参加してみてほしいです!お金かからないし(笑)

 

 

駒崎さん、ありがとうございました!