実際どうなの?フィリピン留学 〜メリット篇〜

フィリピン留学に行く人が増えていますね。 僕は毎月100人ほどから留学相談を受けますが、フィリピン留学に関する相談が急増しており、現在は半数近くがフィリピン留学に関連するものとなっています。 では実際のフィリピン留学とはどうなのでしょうか。 僕自身はカナダとオーストラリア留学を経て、縁がありフィリピンのセブ島に留学、そして語学学校の立ち上げに関わりました。 その経験を生かして、フィリピン留学の実態をメリットとデメリットという形で2記事に分けてお伝えしたいと思います。

実際いくらかかるの?

843f65971922f32952d434548b3738ea_s

「フィリピン留学10万円!」という文言を一時期よく目にしましたが、実際のところ10万円では行けません。 いまだにそういう宣伝をしているところがありますが、詳しく内訳を見てみると、授業料だけであったり、授業数が極端に少なかったりと理由が必ずあります。

では実際いくらかかるかと言いますと、基本的にセブにある人気の学校に通うと約15万〜18万円が相場です。ちなみにバギオの留学費用の相場はセブより1〜2万円安いです。 これには授業料、寮費(食事付)、入学金、海外送金費などが含まれた値段で、これとは別に航空券、海外保険、現地納入費、娯楽費が必要となります。 セブ留学の場合全て含めて1ヶ月25万円〜という感じですが、航空券や現地納入費などは毎月かかるものではないため、長期になればなるほど安くなります。 このように実際には10万円では行けませんが、それでも欧米留学などと比べるとかなり安いです。 ここからはフィリピン留学のメリットを見ていきましょう。

 

留学費用が安い

これは既に説明した通りですが、やはり他の英語圏に比べて安く英語を学べるというのは大きなメリットですよね。欧米英語圏留学に比べて、約2〜3割安くなる傾向にあります。

ただ、フィリピンはとてつもないスピードで経済成長を遂げているので、毎年人件費などが上がり、それに伴って授業料なども高くなってきていますので、行くなら早めが良いと思います。

 

マンツーマンレッスンが多い

IMG_5470

何と言っても、これがフィリピン留学の一番の魅力です。 欧米留学すると12人〜15人のグループレッスンになることが多く、一人一人が話せる時間はとても少なくなります。特に日本人は南米や欧州から来た留学生に圧倒されてあまり発言することはできません。 しかし、フィリピン留学はマンツーマン授業がメインなので、とにかく話せる時間がたくさんあります。 英語が話せなくても先生とのマンツーマンなので徹底的に英語を学び、練習することができます。 マンツーマンなので、クラスメイトを気にしてわかったふりをする必要もないし、することもできません。 日本人が英語を話せない大きな原因は話す訓練をしていないことですが、マンツーマン授業は必然的にたくさん話すことになるので、もともとインプットができている日本人は英語力を一気に伸ばすことができます。

 

日本から近い

0c85ea536a1b115eb5b8405244b484c4_s

成田空港からセブ島への直行便は、約5時間。 成田からオーストラリアのシドニーやアメリカのサンフランシスコは約9時間半、カナダのトロントは12時間、イギリスのロンドンは約12時間半と比較すると、約半分以下の時間で行くことができます。 これは心理的にも身体的にも楽ですし、航空券も距離が近い分安くなります。  

 

経済成長を体感できる

08b1842071872bb18b030a8fe62f1a8e_s

フィリピンの経済成長率は、ASEAN主要国の中でもトップクラスです。 僕含め日本の若い世代は経済成長というものを経験したことがありません。 まだまだ日本人からすると「途上国」のイメージがあるフィリピンですが、経済は急成長しています。 「あんなビルあったっけ?!」という感覚でビルがどんどん建設され、街は活気で溢れています。 都会にあるショッピングモールは日本よりも大きて綺麗で、世界的なブランドショップが並んでいます。 文字通り、経済成長を身体で体感できるのです。 勢いのある国に暮らしていると、自然とモチベーションも上がりますし、経済成長を身体で実感することはグローバル視点を身につける上でとても重要な要素です。

 

レジャーが充実している

IMG_5302

フィリピンは7,000以上の島を持つ国で、世界で一番美しい島に選ばれた「パラワン島」などビーチやダイビングスポットで有名なスポットがたくさんあります。 ジンベイザメと泳げるスポットもあり、僕もセブ留学中に体験しました。 こういう日本でできない体験ができるのもセブの大きな魅力の一つです。 平日必死に勉強を頑張ったご褒美に、週末はこういう海外でしかできない体験をするとより充実した留学生活になります。

 

物価が安い

58fad7188f315af15cbe3e5c47351215_s

経済急成長中ですので当然物価も高くなってきているものの、日本や欧米と比較するとまだまだ物価は安いです。 モノによるので一概には言えませんが、日用品に関しては日本の3分の1ほどと言われています。 タクシーに関しては激安で、初乗り30ペソ(約66円)、10分移動しても200円もいかないので、日本人の感覚からすると乗り放題です。 僕もセブ時代は移動は基本的にタクシーでした。 外国人も行けるようなマッサージ店も1時間あたり200~500ペソですので、1000円いかないですね。 僕も週1〜2回はマッサージに行っていました。 ただ、日本人含め外国人はぼったくられやすいので、そこは要注意です。 また、外資系のお店やモノ、例えばスタバなどは日本とほとんど変わらないので、あくまでローカルなものは安いと考えておいてくださいね。

料理が美味しい

IMG_5309

意外に思われるかもしれませんが、僕が留学していたセブ島では料理がとても美味しかったです。 ここで大事なのはレストラン選びです。 お勧めのレストランについては、また別の記事でまとめたいと思います。 ただ、次回のデメリットに書きますが、寮のご飯は美味しいとは言えないので、寮の食事は別物*だと考えてください。

 


 

今回はフィリピン留学のメリットを見ていきました。 いかがだったでしょうか? すごく魅力的に思えたのではないでしょうか。 僕自身はフィリピン留学をとてもお勧めしています。 ただ、全ての物事にはメリットもあれば、デメリットもあります。 次回の記事では留学エージェントがあまり触れないフィリピン留学のデメリットをお伝えしたいと思います。

 

留学相談受付中!

留学に関する相談を無料で受け付けています。 どんな些細なことでも構いません。 何か気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください!