自分一人でも外国人をご案内できるようになりたい(かおりさん)

自分一人でも外国人をご案内できるようになりたい(かおりさん)

2020年2月7日 未分類 0

 

こんにちは!

今回は、街頭ボランティアに継続的に参加してくれている「かおりさん」に、JLBについてインタビューをしました。

千葉県から渋谷まで1時間半という時間をかけて、JLBの活動に参加し続けてくれているかおりさん。カナダ留学を経験した彼女に撮ってJLBはどのような”意味”があったのでしょうか。

JLBとの出会い

初めてJLBに参加したのはいつ頃ですか?

大学2年生でカナダに行った後なので、2018年の3月だったと思います。

カナダの語学研修は1ヶ月だったんですけど、1ヶ月って短くて、(英語が)今までより話せるようになったけどまだまだで。それで日本に帰国して何もしなかったら廃れちゃうから、「何かしたいなー」って思っていて。お母さんに相談してみたら、たまたまテレビでJLBの活動を見つけていたらしく、そこでインターネットで検索して、登録しました。

参加し始めた当初は、周りのスタッフが英語をペラペラ話していて羨ましくて、「私もこんなふうになりたいなー」って思いました(笑)

あとは、短期だけどカナダ留学で身に付けた英語が、日本に旅行に来る外国人の役に立つと実感できて、これをボランティア活動や日常生活で活かして、観光客に頼ってもらえるようになりたいなと思いました。

 

初めての活動で難しかったこともありますよね

たくさんあります(笑)渋谷をそんなに詳しくは知らなかったので案内が難しかったし、忙しくなって来れなくなっちゃった時期もあったので、新しいビルが建ったりせっかく覚えた英語を思い出せなかったり、毎回来るたびに「もうちょっと上手くできたらよかったな…」って思ってました。

 

そういう時かなり悔しいですよね。具体的にどんな質問があったか覚えていますか?

ゲストからの質問で、電車のチケットであちこちやすく巡れるチケット(?)を聞かれたり、とある古着屋さん(忘れましたがw)を聞かれたり。結局その古着屋さんは渋谷にはなくて、インターネットで検索した結果、新宿にありました。

こういう質問や相談をされた時に、臨機応変な対応ができるようになったらいいなって思いました。

 

帰国してからは大学も忙しかったと思いますが、どのくらいの頻度で参加していたのですか?

えーっと…波があるので難しいですが、最近だと1ヶ月に2,3回は参加してます。
初めて活動に参加し始めた頃は、ほぼ毎週のように行ってました(笑)

学校が再開してから、教職を取っていたこともあり、アルバイトを週末に入れることしかできなくて、土日に活動があるJLBにはなかなか参加する時間を取れませんでした。そうしたらいつの間にか就活の時期に入ってしまって…

私って1個のことにガーって夢中になっちゃう癖があって、そうなると他のことがほとんどできなくなっちゃうんです。卒論もあったし。

最近そういうのがやっと片付いて余裕が出てきて、また参加し始めた感じです。

 

時間が空くと「もういいや」ってなっちゃいそうですが、またJLBに戻ってくれたのはなぜですか?

忙しくて行けなかった時期もずっと「行きたい!」って思ってはいたんです。

実際、JLBにいけなくなっちゃったことで英語力も衰えてきちゃって、こういうのってやっぱり続けなきゃ意味がないなって思いました。これからも用事がない時は続けたいなって思ってます。

 

ずっと「行きたい!」って思い続けてくれたJLBの活動で、思い出に残っていることを教えてください

活動の中でというか、固定の活動ではないですが不定期でアメリカやカナダからの留学生をガイドする機会があるじゃないですか。その中で仲良くなった女の子がいて、その子とは今でも連絡を取り合っているんです。

この前ニューヨークに行く機会があってその子に連絡したら、「じゃあ会おう!」ということになって、ニューヨークで遊ぶことができたんです。

JLBがあったおかげでこうやって世界に繋がりできて、嬉しいです。

 

英会話のファーストステップとしてのJLB

どんな人にJLBに参加してほしいですか?

んー、英語を話せるようになりたいって人には参加してみて欲しいです。

いきなり話しかけるのって難しいけど、JLBの活動は看板を持って立っているため話しかけられることも多くて、「英語を話そう」って思った時には、それを実現する最初のステップとしていい場所だなって思います。

教職を取っていて、教育実習の時に高校生から「英語を話せるようになりたい」って相談されることもよくありましたので、多分そういう人ってたくさんいるんじゃないでしょうか。

英語を話せるようになるには、やっぱり実際に楽しみながら使い続けるのが一番大切だと思っていて、留学にいくのも選択肢にはありますがお金の問題もありますし、お試し英会話という意味でも良いのかなって。

 

将来の夢には繋がりそうですか?笑

将来の夢…(笑)将来的には英語と中国語をペラペラになりたいです!笑

他の人の助けを借りなくてもゲスト向けにツアーをやれたらいいなって思います。

ボランティアガイドをやっていて、交流はしているけども案内という意味では、まだ自分だけでしっかりやりきれてなくて、サポートを受けることが多いんです。せっかく偶然その瞬間で出会えたのに、自分が思い描いている100%の対応をしきれていないことにもどかしく感じていて、将来的には100%私自身の力で困っている外国人を助けられるようになっていきたいです。

 

編集部の後書き

 

かおりさんがこんなにJLBのファンになってくれていることに嬉しさを感じると同時に、参加者として多い大学生が就活や留学、卒論、アルバイトなどで忙しいことを理由に、国際交流から離れてしまう可能性があることに、僕たちがもっと頑張るポイントを見出せたように思います。

JLBは世界中に友達をつくるキッカケとなる団体です。これからも多くの方と一緒に国際交流を盛り上げていけたらと思います。

かおりさん、ありがとうございました!

 


 

JLBへ登録する
https://localbuddy.jp/sign-up

活動スケジュールはこちら
https://localbuddy.jp/category/schedule/

Instagramもフォローしてください!
https://www.instagram.com/japan_local_buddy/